フラットな視点で向き合いたい

セルプときわ
就労継続支援B型 職業指導員

山本 和磨

2014年入社 人間社会学部福祉心理学科卒

Q. 南風荘で好きだ・良いと思うところはどこですか?

南風荘には利用者の方、職員も含め色々な方がいらっしゃいます。
利用者の方には先天的に障害を持たれている方もいるし、健常の方が後天的に事故などで障害を持たれた方もいます。
職員でも全然違う業種から転職されたきた方もいれば、大学で福祉を学んで入職されている人もいます。
福祉業界は間口が広いため、人生経験がすごい方やクセのある方等、色々な方と遭遇する確率が高い業界です。
さまざまな方とうまく付き合っていく方法を模索していく中で自分の幅も広がり、刺激を得られるのが好きな点です。

職員インタビュー山本

Q. 個人として大切にしている考え方はありますか?

フラットな視点を維持し続ける事が大切だと考えています。
頭ごなしに否定するのではなく、角度を変えたり視点を変えると全然違う考え方がありますし、発言一つとっても色々な捉え方があるので、相手の意図を聞いてなぜその結論になったのか、個人の主観で判断せず色々な角度から見て物事を判断していきたいなと思っています。

Q. 大変だった・苦労した仕事は何ですか?どのように乗り越えましたか?

職員インタビュー山本

職歴が長くなってくると、チームの中で目上の方に仕事を頼んだり、指示しなければならないこともあります。
うまく指示をするにはどうしたらいいのか悩んだり、自分のやってることが正しいのか間違っているのか自分では判断できないこともあり、そんな時は先輩に客観的に判断してもらったりアドバイスをいただいたりしながら、失敗を繰り返し経験して乗り越えていきました。

Q. 仕事とプライベートのバランスをどのようにとっていますか?

仕事の時は仕事、遊ぶ時は遊びに全力をそそいでいます。
たとえば先輩が誘ってくれた遊びが縁で飲み会に誘ってもらって、普通に仕事をしている中では絶対に関われない他法人の方々と知り合い仲良くしてもらってることで、困った時の相談に乗ってもらったりすることもあります。
遊びが縁で仕事で協業する場面ができたりする事もあり、そんなところもおもしろいと思っています。

Q. 将来の夢、目標を教えてください

入職したばかりの頃、自分は本当に何もできず自信もありませんでした。
でも上司の方や周りの先輩方が辛抱強く育ててくださったり、異動された上司や先輩方も部署もまったく違うので気にかける必要はないのに気にかけてくださって、悩んでいる時には相談に乗ってもらったり貴重な時間を割いて飲みに連れ出してくださった先輩もいます。
そこで成長できたり救われたりもしました。
その経験があるので、僕も自分がやってもらったことを後輩にもできるような職員になれればいいなと思っています。