理事長あいさつ

本当に受けたいサービスが受けられず困っている方の声なき声にも耳を傾け
全てのステークホルダーを満足させていきたい

 この度、南風荘の理事長に就任いたしました藤本浩と申します。
私は、約35年間障害のある方の支援に携わってきました。私自身の障害福祉の原点は、「この子らを世の光に」です。糸賀一雄氏の有名な哲学です。
 南風荘は、2020年に「社会福祉法人南風荘中期経営計画【2020-2024】」を策定し、経営理念を「すべてのステークホルダーを満足させる」と掲げています。
具体的には、福祉サービスを必要とする人々の期待に応えるサービス提供により法人価値を高め、サービスを利用される方々に満足頂くとともに、地域社会の一員としてCSRに取り組み、その健全な発展に貢献することです。
 経営方針は、「法人の強みを活かし、弱みの改善の実現に向けた戦略と遂行とそれを支える基盤の強化を目指しています」
具体的には、1.事業基盤の強化 ①人材育成・リクルート ②マーケティング・執行部機能 ③ガバナンス 2.経営戦略の柱として新規事業の創出(創造)です。
そのために、①高める(サービス品質の向上)②伸ばす(事業成長の加速)③変える(事業構造の変更について変革)を遂行していきます。

南風荘理事長 藤本

 一方、2006年に障害者自立支援法が施行されて今年で約15年が過ぎようとしています。
この15年間、障害のある方の生活や活動は本当に「くらしやすくなった」「社会の障壁がなくなった」のでしょうか?
現在の法制度おけるサービスで、法の狭間で「本当に受けたいサービス」が受けらず困っている方はいないのでしょうか。
南風荘はそんな困っている障害のある方の「声なき声にも耳を傾けながら」すべてのステークホルダーを満足させていきたいと考えています。
 最後に、このような大役を仰せつかるにはまこと微力ではございますが、先輩各位ならびにご利用者・ご家族・職員の皆様のご助言、ご協力をあおぎ業務に邁進してゆく決意です。どうぞよろしくお願い申しあげます。

法人概要

法人名社会福祉法人 南風荘
事業種類第一種福祉事業・第二種福祉事業
創業1954年
所在地【本部】
山口県宇部市あすとぴあ2丁目2-15
TEL:0836-43-6211
FAX:0836-43-6225
事業所【セルプ南風】
山口県宇部市あすとぴあ2丁目2-15
TEL:0836-43-6211(代表)
TEL:0836-43-6307(入所生活課)
FAX:0836-43-6225

【セルプときわ】《主たる事業所》
山口県宇部市大字西岐波字大浴4613番地1
TEL:0836-54-0130
FAX:0836-51-0335

【セルプときわ】《従たる事業所》
山口県宇部市あすとぴあ2丁目2-15
TEL:0836-38-8330

【セルプ岡の辻】
山口県宇部市大字西岐波字西迫ノ田2189−60
TEL:0836-54-2960
FAX:0836-54-2961

【セルプ藤山】
山口県宇部市西平原4丁目2342-1
TEL:0836-38-6666
FAX:0836-38-6667

【セルプ ジョブ・アソシエイト】
山口県宇部市西平原4丁目3-10
TEL:0836-38-8550
FAX:0836-38-8553

【ぴあ南風】
山口県宇部市あすとぴあ2丁目2-15
TEL:0836-43-6236
FAX:0836-43-6296

【サンハイツ】
山口県宇部市山門4丁目1-13
TEL:0836-43-6211

従業員数128名
サービス生活介護、施設入所支援、短期入所、グループホーム、就労継続支援(B型)、就労移行支援、
就労定着支援、計画相談支援(障がい児者)

沿革

1954年8月山口市大字鋳銭司字梅ノ木に山口県ろうあ福祉協会設置男子ろうあ者に対する木工授産を始める
1956年12月社会福祉法人として認可を受ける
1962年4月木工授産を廃止し、女子ろうあ者に対して縫製授産を始める
1962年7月身体障がい者授産施設の認可を受ける
1971年5月宇部市大字小串字蛭子1344番の1に移転(元沖の山小学校)
1974年4月宇部市神原町1丁目4639番3に重度身体障がい者授産施設を開設
1978年9月通所部門の認可を受ける
1979年3月社会福祉法人南風荘授産所に変更認可を受ける
1987年11月地域交流室を建設
1992年4月ワークショップ南風を開設
1996年6月社会福祉法人南風荘に法人名を変更、施設名をセルプ南風に変更
1996年10月常設展示販売 ふれあいのお店”南風”を開設
1998年4月身体障がい者通所授産施設 セルプときわ開設
1998年9月南風デイサービスセンター開設
2000年12月宇部市障がい者生活支援センター ぴあ南風開設
2003年10月知的障がい者通所授産施設 セルプ岡の辻開設 セルプときわデイサービスセンター開設
2007年3月セルプときわデイサービスセンター閉所
2007年4月南風デイサービスセンターを南風デイセンターに変更し、地域活動支援センターII型事業を開始
2008年9月障がい者自立支援法に伴い新事業へ移行し、第1種社会福祉事業・障がい者支援施設の経営・第2種社会福祉事業・障がい福祉サービス事業の経営・相談支援事業の経営・地域活動支援センターの経営の指定を受ける3ヶ所のウエス部門を統合した障がい福祉サービス事業所セルプ藤山を開設
2008年10月山口宇部空港テナント 角打ち「鍋島」を開設
2009年9月社会福祉法人南風荘を後援する会(通称 南風荘後援会)を設立
2010年6月グループホーム サンハイツを開設
2010年10月フジグラン宇部テナント 溶岩窯焼きパン四ッ葉を開設
2012年4月地域活動支援センターII型事業を廃止
2012年8月山口宇部空港テナント 地酒「鍋島」を開設
2013年10月セルプ南風 宇部市あすとぴあ2丁目2-15に移転
2013年11月南風デイセンターを廃止し、セルプ南風へ統合
指定短期入所(併設型)の開設
2014年10月社会福祉法人南風荘 創立60周年記念式典を開催
2018年12月セルプ ジョブ・アソシエイトを開設
2019年3月フジグラン宇部テナント 溶岩窯焼きパン四ッ葉を閉店
2020年5月セルプ南風 就労継続支援B型 食品加工事業廃止
2021年4月セルプ南風 就労継続支援B型事業廃止
セルプときわ(従たる事業所)就労継続支援B型事業開設