職員全員で支えあって支援できるのがいい

セルプ ジョブ・アソシエイト
就労移行支援 就労支援員

木戸 裕太

2019年入社 人間社会学部福祉心理学科卒

Q. 入職前・入職後でイメージが変わった点はありますか?

入職したらひたすら利用者の方に向き合って、仕事をするものだとイメージしていたのですが、南風荘では研修会の情報が定期的に通知され自己研鑽できる機会を積極的に提供してくれるので、職員のことを成長させてくれる良い法人だなと良いイメージとして変わりました。
また、入職前は利用者の方に対して1 : 1で自分がすべて抱えなきゃと思っていましたが、一人で対応するのではなく、事業所の職員全員で支えあって一人一人の利用者の方の支援に携わっていて、気軽に他の職員の方に相談ができます。
そういう点が南風荘のとても好きな所です。

職員インタビュー木戸

Q. この仕事に就こうと思ったきっかけはなんですか?

実は、私の兄には発達に障がいがあります。
兄の世話をする母を見ていて自分も何か手伝えることがあればと思っていました。
兄と一緒に過ごす中で、デイサービスや特別支援学級・学校で、兄を通じ様々な障がいのある方々とも関わることも多く、発達障害のある友達もいました。
施設でサポートしている職員の方々を見て福祉という業界があることを知り、私も障がいのある方々の支援をしたいと思うようになりました。

Q. 入職して「仕事をしている」実感を感じた出来事は何ですか?

職員インタビュー木戸

入職一年目の時、私は就労継続B型事業所で製造していた製品を企業先まで配達する業務を担当していました。
その時、自分で書いた伝票にミスがあったため、納品数を間違えてしまいました。
ひどく気持ちが混乱してどうしようと悩んでいた時、上司が一緒に企業先まで謝りに行ってくださってありがたい気持ちでいっぱいでした。企業先の方がとても厳しい方だったので余計怖かったんです…。
当たり前のことなのですが、学生の時とは違い、伝票1つにしても「責任と重みのあることをしているんだ」「社会人として仕事をしているんだな…」と改めて実感しました。

Q. ストレスが溜まった時はどのように発散していますか?

私、実はスイーツ男子でして、甘いものを食べることが好きで疲れた時やストレスがたまった時など、コンビニなどで甘いものを買って食べてます。特にモンブランが好きです。
あと、ゲームセンターで音楽ゲームをやったり、スポーツジムで身体を動かすことも発散方法の一つです。

Q. 将来の目標となるような先輩はいますか?

将来の目標となる先輩は大勢いらっしゃいます。
私のまわりには利用者の方と真摯に関わり、加えて他の職員のことも気にかけてくれるような素敵な方が多いです。
私はまだ自分の仕事へ向き合う時間に多く気を取られ、なかなか他の職員の方を気にかけることができていない状態ですが、先輩方を見習って利用者の方や職員の方々への配慮をより意識して行動できたらと考えています。
それに私の事業所の先輩はお話がおもしろいです。私もおもしろくなりたいです(笑)