スタッフインタビュー

南風荘スタッフインタビュー岩田
南風荘スタッフインタビュー岩田

障がいをより深く理解し、その方に最適な支援を追求していきたい

私は、高校生の頃に祖父の介護を通じて社会福祉士という職業があることを知り、福祉に興味を持つようになりました。
そこで福祉系の資格が取りたいと思って大学を探し、大学では卒業の年に社会福祉士の資格を取ることができました。

南風荘に就職したのは、様々な事業所があるため色々な経験が積めそうだなと思ったこと、地元宇部で聞き覚えのある名前だったことや実家から近かったことが決め手となったからです。
一番興味があった分野は相談業務でしたが、南風荘にはそれ以外にも様々な支援業務があるため、今は相談以外の業務にも視野を広げてやりたい支援を模索している最中です。

利用者さんと意思疎通がうまくいかない時など失敗はしょっちゅうです。
でもだからこそ悩みを打ち明けてくれたり、本音を言ってくれたり、何気ないことでも「ありがとう」と直接言われる言葉がモチベーションにつながっています。
利用者さんの状況は日々異なります。一人一人の毎日の表情や言葉の中に現れる小さな変化に気づけるようにアンテナを張って、利用者さんが楽しく過ごせるよう笑顔を心がけています。

南風荘は職員同士の雰囲気が良く、困った時でも相談しやすい環境です。
自分の性格もあり、初めはなかなか言い出せませんでしたが、周りに相談しやすい環境ということもあり、物事は色々な視点で見ることができることを知って、一人で抱えてもいいことがないという考え方に変わりました。
また、時間休が取れるため病院にも行きやすいというのも助かっています。その時も嫌な顔をされることなくお互いに声を掛け合って取ることができます。

これからはチームの一員として求められている役割を果たしつつ、色々な障がいのことをより深く理解し、その方に最適な支援を追求していきたいです。

南風荘スタッフインタビュー山本
南風荘スタッフインタビュー山本

この10年で障がいのある方に対する見方や関わりかたが変わった

私は学生時代児童発達学科を専攻していて、最初は保育士希望でした。
でも実習で障がい者施設行ったことがきっかけになり、障がいのある方が働くということに初めて触れて、今までは支援とか介護だけと思っていたイメージが変わり、そういう方たちと関わって障がい者施設で仕事がしてみたいと思うようになりました。
南風荘は長い歴史を積んできている施設であることと、実習で来て実際の作業の様子を見たことで、ここで働くことを決めました。

現在、南風荘で職業指導員をして10年目になります。
この10年で障がいのある方に対する見方や関わりかたが随分変わりました。
初めは「障がいのある方も仕事ができるんだ」という気持ちの浅い関わり方で、支援をするという立場なため言い方は悪いですがどこかお世話をしてあげるという見方をしている所があったと思います。でも今はそうではなく「対等な立場で思いを伝えることが大切でそれが当たり前のことなんだ」という意識に変わりました。
障がいのある方は援助が必要だったり、仕事もできないのではというイメージがあるかもしれません。
でも、周りにいる人の関わりかたでその人のできることがどんどん増えてくるか、そのままなのかが変わってくるのではないかと思います。

職場では職員同士でチームとして利用者さん一人一人の情報を共有するように努めています。
例えば実際にあったことですが、発達障がいのある方は昨日置いていたものが少しずれただけで混乱してしまうということもあります。自分や他の人にとっては大したことではないことでも、その方にとっては大きな出来事なため職員全員がそういう認識を持つことが必要です。
また、チーム内で一人でも言うことが違ってしまえば、混乱を招き、他の職員の努力も無駄になってしまうこともあるためそこは特に気をつけています。
この職場は、みんなで協力して仕事ができ、変に上下関係のない、相談も意見も言える環境なのがいいと思ってます。

宇部市は障がいのある方の就労に関してのネットワークがあるため、他の施設の方職員さんや利用者さんと一緒に協力して就労作業をすることがあります。それにより人とのつながりも増え、南風荘や外部の方々と一緒に仕事をやり遂げていくことは私の大きなやりがいになっています。

これからも沢山の方と関わりたいので、色々な障がいの知識や技術を身につけていきたいと思います。

 
 

生活介護 生活支援員
《セルプときわ》

橋本 幸治

南風荘スタッフ橋本

責任の大きな職業だからこそ
やりがいを感じる

学生時代は事務専門の学校に通っており、職場実習で南風荘の事務職を経験したことがこの仕事との出会いでした。そこで社会福祉の必要性とやりがいを感じたのです。
現在は利用者様が地域へ溶け込み、今後の将来障がいのある方が住みよい場所となるように能力を伸ばす支援を行っています。
私の支援方法が利用者様のこれからの生涯を左右する可能性がある、責任の大きな職業ですが、だからこそ利用者様・職員・人と真剣に向き合えることにとてもやりがいを感じています。
今後は、アットホームで先輩とも後輩とも何でも相談し合える風通しの良い職場である南風荘の利点を活かし、支援者様や利用者様など、より多くの方々との関わりを増やしてお話しすることで、自分の主観的な考えを修正していきたいです。

入所支援課・生活介護支援課 生活支援員
《セルプ南風》

原田 亜依

南風荘スタッフ原田

『人から感謝されること』は
この仕事のやりがいの1つ

現在の仕事内容は障がいのある方の日常生活支援です。食事・入浴・排泄の介助や受診同行・買い物代行等、様々な場面で安心して生活を送るためのサポートを行っています。また日中活動では余暇支援や作業の提供を行い、より充実した生活を目指して日々支援をしています。
私は幼少期から障がいのある方との関わりがあったため自然と手助けができる仕事をしたいと思うようになり、大学時代には専門的に福祉を学び、その頃に得たボランティアや現場実習での経験や知識を今の仕事に活かしています。
職場も、他事業所に比べて職員人数も多く賑やかですし、年齢も様々で、老若男女問わず楽しく働けています。
利用者様とのコミュニケーションは1つ1つの言動に慎重になりますが、その中で『ありがとう』と言われると、気持ちがほっとします。『人から感謝されること』はこの仕事のやりがいの1つです。

総務課 事務員
《セルプ南風》

山根 麻衣

南風荘スタッフ山根

今後も学ぶ姿勢を
持ち続けていきたい

総務課で給与計算・人事労務を担当しています。生活に直結する給与ですが、給与の構成を知っている人は少ないと思います。給与がなぜこの額なのか、なぜこの額が引かれるのか、この職で理解を深められると思い希望しました。事務の仕事は1ヵ月・1年ごとに流れが決まっていますので、スケジュール通りに終えられると達成感を感じます。
現在は子供が小さいため時短勤務で働いており、子供の病気などで急な休みが必要な時も、周りの気遣いもあり休みやすい環境ですし、残業も極力しなくて良いように業務内容を共有するなどチームワークの取れた職場です。
私はこの仕事に就くまで事務の仕事は未経験でしたが、知識を身に付けるために日商簿記2級の資格を取得しました。今後も業務に役立ちそうな資格に挑戦したり勉強したり学ぶ姿勢を持ち続けていきたいです。

生活介護 生活支援員
《セルプときわ》

上口 大晶

南風荘スタッフ上口

少しでも自立して生活できる様
支援したい

私は高校生の時から福祉分野に興味があり、福祉系大学に進学しました。
大学在籍時に、当法人で実習を行った事がきっかけとなり、南風荘に就職し、現在は障がいのある方の創作活動・生産活動の機会の提供や日常上、生活上の支援業務を行っています。
南風荘は職員同士が仲の良い職場だと思いますし、私と同じ世代の職員が多く在籍しており、情報共有や相談など、色々な話がしやすい環境です。
自分の仕事のやりがいは、利用者様のできることをどんどん増やしていき、少しでも自立して生活できるよう支援することです。
ですので、今後は社会福祉士の実習指導者の資格を取得し、更に仕事に役立てたいと思っています。

就労継続支援B型 生活支援員
《セルプ岡の辻》

中川 遼

南風荘スタッフ中川

もっと障がいに関する知識を
深めていきたい

私は、利用者の方へ仕事を提供したり、実際に作業のサポートをしたり、悩み事や相談を聞いたりなど、利用者の方一人ひとりが安心して仕事をすることができるよう支援を行っています。
南風荘は和気あいあいとしていて、職員間の仲も良いと思います。
また、周りの皆さんが意見や相談事を聞いてくださるのでとても仕事しやすい環境です。
障がいのある方の自立について興味を持ち、実際に自立に向けての支援をしたいと思い選んだ仕事なので、利用者の方が掲げていた目標を達成できた時の嬉しそうな表情を見るととても嬉しくなりますし、生き生きと作業をされているところを見るとやりがいを感じます。
今後は研修会に参加したり多くの利用者の方と関わったりして、もっと障がいに関する知識を深めていき、利用者様目線で物事を捉えることのできる職員になりたいです。

就労移行支援事業課 生活支援員
《セルプ ジョブ・アソシエイト》

溝口 雄一

南風荘スタッフ溝口

利用者さんの
働くことで得られる幸せを追求したい

セルプ ジョブ・アソシエイトで、障がいがあっても企業等で働き自立を目指している方へ支援を行い、利用者さんひとりひとりに応じた一般就労に必要な職業準備訓練の支援をしています。
私は人が好きで人と関わる仕事がしたいと考え、この仕事に就きました。職場では、利用者さんが「働くことで得られる幸せを追求する」という同じ目標に向かって協力しあいながらときには真剣に話し合い、ときには笑いありの和やかな雰囲気の職場です。
障がい福祉に携わるのは初めてでしたが、事業所内・外の研修を通して知識を増やし、利用者さんの日々の変化に向き合い笑顔に触れ一緒に考えた目標に向かって大変な時でも一緒に乗り越えていけることにやりがいを感じています。今後の目標は、就労支援を通して、働くことの楽しさや喜び、やりがいや達成感を実感して頂き、利用者さんも自分も充実した人生になることを目指していきたいです。